*電子うさぎの記憶* v.2.0

迷惑なサイコパス炙り出し・フロイトの手の内暴露・偽スピ系/偽精神科医/偽カウンセラー潰し。人を攻撃する目的皆無

・自分が騙されている事は認めたくない

団塊の世代が「一生モルモットだった」という文章は、紙のノートに書いていますが・・・。

戦後のどさくさに紛れて「その辺りの年に生まれた人間全てを被検体にする」という裏付けを書けば書くほど「怒」という感情が湧いてきます。

意味の無い学園闘争(?)や、意味の無い「反射行動」が、全て頭の中に埋め込まれたプログラムでしかない人生だった・・・。とは、いくら迷惑でも「今は書きたくない」と思います。

怒ると疲れるので、ゆっくり書きます。


もっと大きな視野でものを見ると(といっても、地球の中だけ)、「ずっと同じ事しかしていない」という事が分かります。

お借りしてきた下の図を日本語に直してみましたが、「自分の立ち位置が分かる」という意味では便利です。

a0002.png

分かりやすいのですが、「同じゲームボード上であることには変わりない」です。

自由とは、この政治思想全てから抜け出ることなんですけども・・・。


2020から嘘みたいに「世界的な大流行」が収まっていないようにしているような気がしますが、ずっと同じことはされてきています。

私は自分が騙されやすい事を自負しているのですが、「また騙された・・・」と思いました。

というのも、2019までは「民主主義という名の全体主義」。
2020からは「あからさまに全体主義」になっただけ。

ずーっと「ゲームボードから降りるには」という人生を個人的にも送ってきましたが、あからさまに「これからは全体主義です。でも個人主義でもあるよ。あなたは何も持たないんだから自由だよ。奪われるものが無いんだからあなたは幸せだよ」というWEFのやり方に対して「またですか?(うんざり)」という感覚に襲われています。

それに「すでに現実じゃないみたいなんだけど・・・(悪夢)」と思っています。


明治以降「民主主義という名の全体主義」の実験場になっているのが日本です。その前は合衆国が実験場でした。(今もですが)

個人主義・自由という概念は、「西洋文化圏の特権階級のみが持つべきものである」という根深い風習は変わっていないように感じます。


どちらにしても、行き過ぎれば「全体主義」です。

行き過ぎないように見せかけているだけです。


選挙で人を選ぶんだよ。(嘘)

自由だよ(嘘)

権力は無いんだよ(嘘)

民主主義だよ(嘘)

が、西洋文化圏の、数万年前からの伝統なのではなかろうか?と思います。


サル山から抜けようとすると「基地外・異端者・狂ってる・変わりモノ・・・・」という私刑もホモサピエンスの伝統みたいに感じます。

「私刑は合法」というのも「伝統だからね」で説明が終わりそうです。


警察が必要なのは「ヒトは悪人であるという事を想定しているから」ですが、ほぼ全てぐらいの人たちが「ほとんど無害で優しい」のが本当です。
その「本当は」という本音を表に出してしまうと「警察は不必要」になってしまいます。

好き好んで人殺しをし合う戦争(今もそうですが)を想定しているからこそ「権力者」が必要なのかもしれません。

しかし、好き好んで人殺しをし合うほど人生は長くないですから、ほとんどの人は「土地の奪い合いや思想の違い程度で殺し合いばっかりしているのを好きでも何でも無い(起こる事はある)」ので、実は権力者こそが「人は殺し合いをするものだ」という世界に住んでいるのかもしれません。

殺伐としています。

権力者の頭が良ければ「人殺しゲームをしない方法」というものを考えるものですが、考えられないようです。

実際、「大衆は化け物である(怖い)」と言い切っている権力者は、文献を遡ればさかのぼる程目につきます。
(最近は公言しないふり、怖がっていないふりをしているように感じます)

「恐怖」と「興奮」は脳の同じ部分が反応するのですが、権力者は勘違いしすぎです。


日本の戦国時代の話を聞いたのですが(約330年ほど前、江戸より前の話を口伝でしている人が近くにいる。楽しい。)、「助ける・かくまう・逃がす」という戦い方なんです。
白旗を振ったら「終了」ですし、寝返るというのは裏切りでもなく、勝った方の言う事を聞くという確約でもありません。
日本の馬は小さいですしユックリなので「戦いもゆっくり」です。
大将が「どうする?やるの?」みたいな話し合いをしてからですね。両軍とも大きな声を出し始め、投石から開始。

しかし、「助ける、かくまう、逃がすと手柄になる」という話を聞いた時に「西洋文化圏に聞かせてやりたいなあ」と思いました。

権力者が大衆を怖がりすぎているからです。


上の図で、「日本は三角形の真ん中じゃないのかなあ?」(ちょっと左・ちょっと右程度の違いはある)と思いました。

真ん中にいる為、下(全体主義)が「理解できない」。

だから私は騙されたんです。


認めたくないねえ・・・。騙されてるなんて。

コロナだとか、ワクチンだとか、西洋の「大衆への恐怖と、人殺しの興奮の区別がつかない権力者」が極端に走ってしまう(右でも左でも真ん中でも極端に行く)と、結局「全体主義」ということになります。

全体主義は、やはり「誰が操るか、だれが支配するか、だれを隷属させるか、だれを従えるか」という下衆なものだと思います。

「恐怖と興奮が反応する脳の部位が同じ」なので、行き過ぎた勘違いをするのだと思います。


「大衆は考えないから、もっとバカにして従えてやろう」というプロパガンダを作って流す「世論調査と世論」なるものは、「恐怖」と「興奮」の区別がつかない人が行っているゲームでしかないような気がします。

人間は、そんなに悪いものではないよ・・・。


私は、「偉そうな人」とか「大声を出す人」とか「砂場から出たことがなく、幼稚園を卒業できない人が権力を持っていて、その砂場の中でゲームをしている感覚で政治を行うこと」等が怖いです。


戦国時代の話をしてくれる人は(サバを読んで)85歳ですが、「偉い人だ」と尊敬しています。

でも「人に迷惑をかけたくない」と話してくれた人が、2019までは元気だったのに、2021から頻繁に救急車を呼ばなくてはならなくなってしまって、そのたびに「憤怒」という感覚に見舞われます。




オマケ--

ウンチ地雷をやめてくれたので、ようやく写真を整理する気分になりました。
1年半前の写真が出てきたので、その一部を切り取って「ウンチ地雷猫」のご紹介。

1_bb.jpg






Related Entries



*ランキングに参加しております*
   

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

   

These flags just a symbol and where my friends living in and I am.
I just wish them and we all Japanese also safe .